Opportunityー 機会を見つける ー

  • コンテクストリサーチ

    プロジェクトのスタート段階で、テーマに関わるコンテクストを深く理解することで、プロジェクトの全体像を把握します。より大きな視点でイノベーションの機会を明らかにしたうえで、プロジェクトのスコープを絞り込みます。

  • オポチュニティディスカバリー

    現状の市場・競合を検討しながら、飽和している領域や空白となっている有望な領域を把握し、イノベーションのための新しい機会を発見します。

  • シナリオプランニング

    起こる可能性がある未来を複数のシナリオを作成し、想定することにより、不確実性の高い環境における未来創造を支援します。

Researchー 人々を理解する ー

  • エスノグラフィ

    実際の現場で、現実世界の文脈に沿って人々の活動を自らの五感や感情を使って内側から深く捉えることで、人々が本当に困っていること、本当に求めていることを理解します。

  • デプスインタビュー/ZMET

    一人の対象者に対して、詳細に質問を重ねていく「半構造的インタビュー」や認知心理学や脳科学の理論を援用したアプローチを通じて、潜在意識や深層心理を顕在化し、ユーザーの深層レベルのニーズを理解します。

  • コ・クリエーションワークショップ

    ユーザーにデザインプロセスへの参画・協力を求め、協働で進めるアプローチ。ユーザーが「顧客経験のエキスパート」として、デザイナーやリサーチャーと協働することで顧客経験にインパクトを与えるアイデア・コンセプトを一緒に創造します。

Insightー インサイトを獲得する ー

  • インサイトジェネレーション

    リサーチで得た気づきから、人々の行動の背景にあるキーインサイトを導き出します。これまで認識できなかった核心をついた新しい解釈が、創造的な問題解決の手がかりを提供します。

  • ペルソナ/カスタマージャーニーマッピング

    獲得したインサイトを使って、ユーザーセグメントを代表する人物モデル=ペルソナを作成し、製品やサービスを提供する対象を明らかにします。さらにペルソナがゴールに到達するまでの様々な要素・要因を、タイムラインに沿って可視化します。

  • インサイトダイヤグラム

    作成したペルソナ/カスタマージャーニーマップを元に、顧客経験がどのようなコンテクストの中で形成されたのか具体的要因と共に図式化し、現状を理解します。

Ideasー アイデアを生み出す ー

  • アイデアジェネレーション

    必要に応じてユーザーや専門家、有識者などをコーディネートしながら、ペルソナ/カスタマージャーニーマッピングその他アイデア開発のフレームワークを用いてアイデアを創出します。

  • エクスペリエンス定義

    創出されたアイデアからペルソナのゴールを満たすコンセプトを導き出し、製品やサービス、環境、コミュニケーションなどの、ペルソナに提供すべきデザインの指針や基準を定義します。

  • ソリューションダイアグラム

    定義した指針や基準に沿って、ペルソナに提供すべきデザインをどのようなコンテクストの中、どのような施策で提供するかを検討し、図式化します。

Experienceー 経験をデザインする ー

  • プロトタイピング

    開発したデザインのコンセプトやアイデアを早い段階で、具体的にユーザーの視点で検証できるように可視化。プロジェクトの初期段階でテストし、検証を繰り返すことで、スピーディなブラッシュアップを実現します。

  • インプリメンテーションプラン

    デザインを実現するためのプロジェクトの発足、具体的なアクションプランの策定から実行まで、コーチングの手法を用いてサポートします。

  • デザインマネジメント

    定義された指針や基準に沿ってデザインを具現化し、ペルソナを基点としたデザインマネジメントの手法開発と運営のサポートを行います。

Globalー グローバルデザインリサーチ ー

  • グローバルエスノグラフィ

    米、南米、アジア、南アなど様々な地域の人々、または日本在住の外国人をターゲットに実施が可能です。そこで暮らす人々の考えや行動を規定している歴史的背景や、政策、経済状況、文化など、それぞれの地域のコンテクストに沿って人々のニーズを包括的に理解することで、地域固有のニーズに根差したイノベーションを支援します。

  • グローバル研修メニュー

    海外でエスノグラフィスキルを育てるためのプランです。1週間~10日の研修期間でシティツアー、インタビュー、分析ワークショップを通じて結論を導く「ラピッドエスノグラフィプロセス」を学習します。

  • リモートエスノグラフィ

    現地に行くのではなく、遠隔でエスノグラフィを行います。海外進出前の機会探索・仮説構築、新興市場・遠隔地の実態把握やアプローチに効果的です。