PSDtoHUBSPOT News Blog

This Blog Template is created by www.psdtohubspot.com

Written by DMN事務局
on 4月 11, 2024
DMN Report #87
革新的でサステイナブルなデザインに取り組む際に、不完全さが不可欠な理由

 

ハンドメイドで工芸品のような不完全さへの賛歌ー独創的なロボット3Dプリンターによるものであれ、人間の手によるものであろうと...。

 Screenshot_2024-01-10_at_11.17.50-removebg-preview
 

Kristine Harper

Author

 

Why imperfections are essential when working with innovative, sustainable design


 

著者による撮影

 

この記事は、前回の「廃材を使ったデザイン」の続きです。

 

Vander Kooij とLambが作った家具のようなデザイン・オブジェにとっての明らかな脅威は、その革新的な外観が流行して、主流の家具屋にコピーされ、未使用プラスチックで作られ、事前の綿密なデザイン・プロセスなしに生産されるかもしれないということです。

 

ファストファッション企業によってコピーされ、機械生産される民俗学的パターン、大規模な家庭用インテリア生産者によって盗作される伝統的な織り方、基本的な外観に絞り込まれ、機械によって模倣されるボビンレースや刺繍のような工芸品の伝統、単純化され、合理化され、大量生産される手彫りの家具など、この種の振る舞いの例は数多くあります。

 

こうした傾向は、土着の工芸の伝統や手作りの工芸品の創作を危険にさらすだけでなく、Vander Kooij とLambのような革新的な新しい工芸の伝統に挑戦し、危うくするものでもあります。重要なのは、廃棄された素材を利用し、埋立地を一掃するという創造的な方法を台無しにしているということです。

廃棄プラスチックの先駆的なリサイクルの場合、このような盗用を避ける唯一の方法は、未使用プラスチックのバージョンはリサイクル・バージョンと同じ外観、手触り、質感を持たないことを確認し、消費者がその違いを理解し、評価してくれることを期待することです。Vander Kooij とLambの場合、両デザイナーは「現代的な」職人として働いており、それぞれの家具には、制作過程の痕跡であれ、製品に使用された廃プラスチックの寿命の痕跡であれ、あるいは幼少期の記憶へのコンセプチュアルな言及であれ、彼らの指紋が刻み込まれています。そのため、コピーや大量生産が難しくなります。

Lombok島の手織り織物。廃材をアップサイクルし、ワークショップを促進し、地元の職人に力を与える機会を作り、インドネシアで絶滅の危機に瀕している工芸品を維持するために、友人のマヤとIIIllusiを始めました。インスタグラムでフォローしてください!5月にスタートします。



デザイン対象に何らかの「不完全さ」を残すことも、持続可能でレジリエントなデザインに取り組むもうひとつの中心的な方法です。不完全という言葉を強調しているのは、デザイン対象に不完全さを残すという考え方が、不十分なものや欠陥のあるものを作れ、という嘆願ではないからです。

 

むしろ、レジリエンスを高める不完全性は、そのプロセス、思考、そして対象物の背後にある手への小さな言及であるべきです。それらは、作り手と受け手の間に形成される物語や親密さによって美化されます。

 

そのような不完全さは、廃棄されたプラスチックを溶かすことで家具を造形し、それぞれのテーブル、椅子、ランプの形状を作り上げるVander Kooijの3Dプリンターの痕跡かもしれません。このプロセスは、古代の陶器に例えることができます。粘土のロールを連続的に取り付けて平滑にすることで、ボウルや花瓶の形を作るのです。

 

廃棄されたプラスチックは、色の組み合わせやテクスチャーのランダム性を保証し、弾力性に不可欠な前述の開放性をオブジェクトに提供するため、このような不完全性はコピーや大量生産ができません。

 

Tom Crewによる写真Unsplash

 

しかし、ハンドメイドや工芸品のような不完全さ(独創的なロボット3Dプリンターや人間の手によって生み出されたものであれ)、あるいはゴミを価値ある製品に変える新しい革新的な方法を称賛することによってサステナブル・デザインに取り組む場合の最大の課題は、それが排他性やエリート主義につながりがちだということです。

 

Vander Kooij とLambのような家具は当然高価です。しかし問題は、サステナブル・デザインが、残念ながら、非常に伝統的な意味での贅沢品になってしまっていることです。多くの人の目には、時代を超越したデザインという概念を体現しているスカンジナビア家具のクラシックや、廃棄された冷蔵庫の部品やCDで作られた革新的で未来的でカラフルなVander Kooij のベンチ、あるいはインドネシアの職人が作った手織りの着物を買うことは、経済的な豊かさと政治的な正しさを誇示することになりました。

 

それは新たな贅沢へとなっています。

 

しかしながら重要なことですが、持続可能なデザイン・ソリューションが真の変化をもたらすためには、大衆がそれを購入する必要があります。少数派の富裕層や高度なイデオロギーを持つ個人が、リサイクルされた高級家具に投資したり、ゆっくりと時間をかけて作られたテキスタイルを購入したりすることで変化をもたらすことはできません。。

 

持続可能でなく、資源を浪費する製品の不幸な過剰生産を減速させるために、大衆が前進する唯一の方法は、購入し、投資することができ、それが奨励されることです。前進する唯一の方法は、購入可能なデザインです。それは例外ではなく、当たり前のことであるべきです。少数のためではなく、多数のためのものであるべきです。

 

SNSで私とつながりましょう! https://www.instagram.com/the_immaterialist/

 

 

DMNでは、他にも様々なブログを「DMN Insight Blog」にて配信しております。
定期的に記事をご覧になられたい方は、ぜひご登録をお願いいたします!

「DMN Insight Blog」メールマガジン登録

You may also like:

デザイントレンド

DMN Report #98 AI分野全体がAIエージェントに向かう理由

DMN Report #98

デザインメソッド デザイントレンド

DMN Report 055:メタバースデザインツールキット

DMN Design Management Report #055 メタバースデザインツールキット Nick Babich Product designer & editor-in-chief of UX Planet.

デザイントレンド

DMN Report #86 バイオミミクリー:自然の完璧さに学ぶ

DMN Report #86 バイオミミクリー:自然の完璧さに学ぶ